〜蜃気楼の街の保険代理店〜 佐々木総合保険
生命保険 損害保険 スタッフ紹介 お客様の声 会社概要 お問合せ リンク 
   株式会社佐々木総合創業の思いをお伝えいたします。    創業の思い
     
創業の思い〜私が保険代理店になった理由〜

思い出せば、私が31歳の時、小さな小売販売会社に勤めていた時の事です。
毎日、「会社のため」「家族のため」「自分のため」と一所懸命頑張って働いている自分が居ました。
会社では毎月、月末に近づけば売り上げ(数字)や粗利が気になり、
そして月に一度の営業会議(所長会議)に行くのが嫌になる事がしばしばです。

そんな毎日を過ごしていると、ふと、今の仕事が「この世の中に役立っているのか?」
「人のためになっているのか?」また「自分はこの世の中に必要なのか?」と考えるようになったのです。
(私の仕事は、ある企業の子会社の小売販売会社勤務で、この会社に転職して9年で、所長になって
6年目でもありました。)

そんな割り切れない気持ちで仕事をしている時、一人のお客様と会話が弾み、
その方の仕事を聞くと保険代理店をされていると言われました、私は何気なく
「お客様、保険の仕事は良いですか?」と尋ねたところ、
その方は「事故などで困っている人の役立つ仕事だ、良かったら君もやって見ないか?」との返事が来ました。
私は「羨ましい」と思う反面「保険かー?俺はダメだ」と複雑な気持ちになった事を覚えています。

しかし、それから2年後、私は誘われるまま保険業界に入っていたのでした。
今まで経験したことの無い「人に役立つ」「人にアリガトウと言って貰える仕事ができる」
とワクワクした気持ちで、そして希望に満ち足りた気持ちで。
その後人生で、その仕事がどんな大変で重責な仕事か知らずに・・・
反面、どんな素晴らしい仕事か知らず・・・


   資料請求
 お問合せ
 
 関連情報
 

 ●スタッフ紹介
 --------------------
 ●会社概要
 --------------------
 ●保険に対しての考え方
 --------------------

事故がおきたら


サイトマップ